大里広域市町村圏組合

財務書類

Pocket

地方公会計 統一的な基準による財務書類

    ・令和元年度決算

    ・平成30年度決算

    ・平成29年度決算

    ・平成28年度決算

 

固定資産台帳

 財務書類の作成に必要な補助簿として、本組合の資産を把握するため、固定資産台帳を整備しています。

  ・固定資産の評価基準、評価方法については、原則として取得原価によります。ただし、取得原価が不明な資産等については、再調

   達原価又は備忘価格1円としているものもあります。

  ・固定資産の減価償却方法については、定額法によります。

  ・物品については、重要物品(取得価格が80万円以上のもの及び自動車(自動二輪車を除く。))を資産として計上しています。

   ・固定資産台帳(一般会計)令和2年3月末時点

   ・固定資産台帳(介護保険特別会計)令和2年3月末時点

トップへ戻る